• PROJECT 01

    雪国ガストロノミーツーリズム
    (新潟県/湯沢町)

  • PROJECT 01

    雪国ガストロノミーツーリズム
    (新潟県/湯沢町)

  • PROJECT 01

    雪国ガストロノミーツーリズム
    (新潟県/湯沢町)

雪国ならではの食文化を世界に愛されるガストロノミーへ
越後湯沢エリアは世界有数の多雪地帯です。当地を訪れたある海外メディアは、「深い雪の中、これほど多くの人が暮らす地域は世界でも類を見ない」と驚嘆しました。こうした長く厳しい冬を越すための知恵は、食文化に象徴的にあらわれています。発酵、乾燥、塩漬けなどの越冬食はその結晶であり、冬ごもりの準備は、既に春に山菜が芽吹く時期から始まります。

こうした地元に根づく食文化を、「雪国ガストロノミー」というコンセプトのもと、“採って作って食べる”という、自然体験プログラムとしてサービス化し、魚沼産コシヒカリのような地元食材とともに海外の観光客にブランディングしていきます。
本プロジェクトでは越後湯沢を中心に3県7市町村が連携した地域ネットワーク「雪国観光圏」において、主に米国富裕層をターゲットとし、収穫体験と料理体験を組み合わせた着地型ツアーを展開します。ゆくゆくは雪国観光圏エリアを世界に知られるガストロノミー先進地へと育てることを目指します。

詳細情報

  • ツアー名:雪国ガストロノミーツーリズム

    場所:HATAGO井仙 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455(JR越後湯沢駅西口すぐ)
    期日:11月14日?15日ツアー開催予定(26,000円/人)

アクセス

アクセス

TEAM:

  • COMPANY

    ロゴ
    一般社団法人雪国観光圏
    所在地:〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2431-1
    設立日:2008年
    代表理事:井口智裕
    事業内容:
    ・コンサルティング事業(コンセプトブランディングの提案/中長期計画の策定/顧客満足度調査など)
    ・広報事業(インバウンドプロモーション/スノーカントリーフェスティバル/着地型旅行商品パンフレット造成など)
    ・品質管理事業(雪国A級グルメ/SAKURAQUALITY事務局窓口/雪国観光舎認証事業/スノーカントリーパスなど)
    ・CSR事業(カーボンオフセットのマッチングサポート/企業コラボレーションなど)
    URL:http://snow-country.jp/
  • MANAGER

    写真:フジノケン
    株式会社4CYCLE
    クリエイティブ・ディレクター:フジノケン
    1969年生まれ。株式会社読売広告社クリエイティブ局勤務を経て、2007年に独立。2008年10月、株式会社4CYCLEを設立。新潟県津南町を拠点に、地域から世界へ発信できる地域の育成を目指してブランディングを行う。
    主な受賞歴として、ACC CM FESTIVALシルバー、アジア太平洋広告祭(アドフェスト)ブロンズ、東京インタラクティブアワード銅賞、ポスター広告電通賞、全国カレンダー展特別賞、日独カレンダー展銅賞、日本雑誌広告賞、青山デザインアワード入賞など。

GOAL:

「雪国の食は世界に誇れる文化だ」そう確信したのは、2年前に学芸員の方々と行った雪国文化研究でした。なんといってもこの地域の特徴は半年近くも雪に埋もれる冬。この地独特の環境の影響は様々なところに見られますが、人々の暮らしという部分に目を向けると「食」にもっとも色濃くあらわれるといえます。冬を越すために、古来から発酵や乾燥保存、雪中保存などさまざまな工夫が重ねられ、それはいまなお普段の暮らしの中に息づいています。まさにここにしかない「異日常」が隠されているのです。
しかもこの地は日本一のコシヒカリの産地であり、一人あたりの日本酒消費量が日本一の酒どころ。おいしい野菜も採れ、山には春になれば山菜、秋はキノコが豊かに実ります。
しかしながら、当地はスキーのイメージが強く、こうした豊かな食文化はあまり知られていません。海外で日本の食への関心が高まる昨今、雪国の食文化を外国の方々にもっと知っていただきたい。それが私たちの想いです。
山に入り、食材を活かす知恵に触れ、そして五感で味わう。土の手触りと洗練がミックスされた「雪国ガストロノミーツーリズム」を通して、観光客が旅に求める本質的な感動を追求します。

CONTACT