• PROJECT 08

    東京を起点とした一泊で楽しめるアートツーリズム
    (群馬県/高崎市、静岡県/伊豆エリア、神奈川県/箱根町)

  • PROJECT 08

    東京を起点とした一泊で楽しめるアートツーリズム
    (群馬県/高崎市、静岡県/伊豆エリア、神奈川県/箱根町)

  • PROJECT 08

    東京を起点とした一泊で楽しめるアートツーリズム
    (群馬県/高崎市、静岡県/伊豆エリア、神奈川県/箱根町)

『アート』の力で地方都市に外国人富裕層を呼び込む
近年、外国人観光客の目的地として、国内に展開される様々なアートイベントが話題になっています。アートは知的好奇心の強い富裕層客にとってキラーコンテンツとなりうる分野であり、今、インバウンドの世界でも注目されています。

本プロジェクトは、東京などの都市圏に滞在が集中している、富裕層の訪日観光客に対して、アートを切り口とした郊外都市への一泊旅行を提案します。アートを切り口としてその地域にある観光資源を新しい形で発掘し、今までに無いアプローチで各地方都市の魅力を紹介します。アートと聞いてまず思う浮かぶ絵画や彫刻だけではなく、幅広い芸術領域としての文化、その歴史的、風土的背景を知ることで、現代に結びつくストーリーを体験できるよう、モデルケースを作り出します。
まずはモデルケースとして、歴史に名を残す有名建築家が愛した街、群馬県高崎エリア、明治以降、多くの文化人が訪れ滞在した伊豆、箱根エリアを中心に取組ながら、全国の地方都市に展開できるアートツーリズムのあり方を研究していきます。

詳細情報

  • 群馬県立近代美術館(磯崎新設計)

    所在地:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内

  • 高崎市美術館(旧井上邸)

    所在地:群馬県高崎市八島町110-27

  • rin art association

    所在地:群馬県高崎市新町1207 ガトーフェスタ ハラダ 本社内

  • 群馬音楽センター(アントニン・レーモンド設計)

    所在地:群馬県高崎市高松町28番地2

  • 達磨寺(ブルーノ・タウト)

    所在地:群馬県高崎市鼻高町296

  • POLA美術館

    所在地:神奈川県足柄下郡足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285

  • ヴァンジ彫刻庭園美術館

    所在地:静岡県駿東郡長泉町東野347?1

  • IZU PHOTO MUSEUM

    所在地:静岡県駿東郡長泉町東野347?1

  • 彫刻の森美術館

    所在地:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

アクセス

アクセス

TEAM:

  • COMPANY

    ロゴ
    会社名:aTOKYO株式会社
    所在地:〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-12 飯倉台ビル4階
    設立日:2006年3月3日
    代表者:北島輝一
    事業内容:アートイベント・アートセミナーの企画及び開催
    URL:https://artfairtokyo.com/
  • MANAGER

    写真
    一般社団法人 アート東京
    代表理事:來住尚彦
    早稲田大学卒。東京放送(現TBSホールディングス) にて多岐にわたる舞台、イベント演出、番組プロデューサー、ディレクターを経験。1996年4月、日本最大級2,000人規模のライブハウス『赤坂BLITZ』を立ち上げ、支配人となる。2008年3月、TBS新社屋移転に伴いエンターテイメント施設と赤坂の街との共生をテーマに、複合エンターテイメント空間『赤坂サカス』を推進部長として企画立案。日本各地の文化との融合をテーマとしたイベントや、公的機関との連携企画を多数実施し、赤坂の街のランドマークとして魅力あふれる複合エンターテイメントエリアを実現する。2015年3月、国内最大級の美術見本市『アートフェア東京』のエグゼクティブプロデューサーに就任。同年5月、一般社団法人アート東京を設立し、代表理事に就任。日本の文化、外交、経済、観光そして地域活性化などを目的とした様々な活動をアートを軸に展開する。

GOAL:

今回のアートツーリズムをケーススタディに、東京を基点とし、全国各地での旅行を可能とするアートツーリズム企画を拡充します。また、各地域の地元企業を核とした運営組織の構築や、地域人材を活用した案内人「地域マイスター」を排出して新たな雇用を生み出し、各地域でツアーが確立出来る体制を整えます。そして実施していく中で地元企業等の協力を得て、地域のアートプログラムの開催等による更なる集客や、コラボレーションによる新たなサービスの開発と販売なども企画。更に、地域に新たな価値が生まれることで、これまでにないファン層を呼び起こす効果を見込みます。

CONTACT

  • 2016.09.23

    10月のアートツーリズム

    PastedGraphic-3

    アートツーリズム(高崎エリア・伊豆、箱根エリア)の実施に先駆け、10月のイベントをご紹介します。
    東京では1年を通して様々なアートイベント、展示会が行われ、全てをチェックするのはなかなか大変ですが、このブログで少しでも多くの情報を得て、興味をもって頂けたらと思います。

    さて、アートに興味がある方がまずチェックするのは美術館の展示会情報等だとは思いますが、古美術はどうでしょう?
    10月14日から3日間行われる『東美特別展』、日本で最も長い歴史を持つアートフェアが開催されます。
    東美特別展とは、日本を代表する美術商がその専門とする分野で選び抜いた美術作品を一堂に集め展示・販売する、三年に一度の見本市です。

    今回はアートツーリズム10月展開としまして、
    ①中国全土より55の少数民族代表60名が参加、日中友好交流として日本の文化を学ぶと共に、歴史ある日本美術も体験して頂く『中国少数民族青年友好交流』企画。
    ②北京より参加、東京、鎌倉、金沢をアートで巡り、「美容医療」もプログラム組み込まれた『アート&美容』企画。
    その他、上海、ソウルから日本の美術に強く興味をもってくださる方々が参加する2件を合わせた、計4件のアートツーリズムを行い、東美特別展をプログラムに組み込み、展開します。

    古美術、骨董から現存作家の作品まで、選りすぐりの作品を、間近で見て、手に取り、購入できるこの機会を是非、楽しんで下さい。
    会場となる東京美術倶楽部では、日本庭園や茶室での抹茶席など、都会の中心で和の時間も堪能出来ます。

    東美特別展特設サイト: http://www.toobi.co.jp/special2016/